2016年08月26日

小宮山量山川子平さん死去 創作児童文学の理論社

戦後を代表する出版人の一人で、創作児童文学を育てた、理論社元社長の小宮山量平(こみやま・りょうへい)さんが13日朝、老衰のため死去した. 95歳だった. 通夜、葬儀は近親者のみで行う. 1916年、長野県上田市生まれ. 東京商科大(現一橋大)を卒業後、北海道で軍隊生活を送り、戦後の47年に理論社を設立した. 当初は雑誌「理論」を発行するなど社会科学書の出版が中心だったが、60年代からは創作児童文学の出版に専念. シュヴァAdidas サッカースパイクリエサーガ タクティクス』PVが 17 「兎(うさぎ)の眼」の著者灰谷健次郎さん、「ぼんぼん」の著者今江祥智さんなど多くの児童文学者を世に送り出した. 出版界の営利本位的体質に批判的な評論活動も行い「編集者とは何か」など多数の著作を残した.
posted by NakataMisa at 08:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: