2016年12月24日

インド、なるか野外排泄ゼロ 7億人にトイ

機動特派員・柴田直治】インド政府が、国民の野外排泄(はいせつ)を2022年までに根絶するとの目標を打ち出した. 政府推計で人口の64%、7億以上の人々がトイレ以外で用を足す現実が背景にある. 一部の自治体やNGOは状況改善運動を続けるが、道のりは平坦(へいたん)ではない. 国連が今年初めて「世界トイレの日」(11月19日)を制定した機会にインドのトイレを訪ね歩いた. この大国が問題の中心にいるからだ. (ザ・コラム)世界トイレの日 インドを変える脱・野外 タール砂漠近辺の村々が全世帯にトイレを設置して「脱・野外排泄」を相次いで宣言していると聞き、デリーから列車と車を乗り継いでラジャスタン州チュル県チャンゴイ村を訪れた. バスケットシューズ 激安 直感操作で対戦できる新世代体感型ボクシン PSP『エンドオブアユニフォーム サッカースピレイション』が本 乾いた大地を水牛やラクダ、ヤギがゆったりと歩く. 点在する家々には確かに真新しいコンクリート製のトイレ兼水浴び場が別棟として建てられていた. 天井にタンクが備えられ、井戸からの水がくみ上げられている. ■「人生が変わった」 この地の女性は結婚すると薄いベールで顔を隠す習慣がある. 主婦のムケッシュ・シンさん(25)はその隙間から、トイレが設置された2カ月前の感激をぼそっと語った.
posted by NakataMisa at 13:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: